アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンキン・パーク、全世界待望のニュー・アルバム発売決定

リンキン・パーク


音楽ランキング 音楽好きはここへ!!

全世界で4,000万枚のセールスを誇る怪物ロック・バンド、リンキン・パーク。『SUMMER SONIC 06』でのライヴも記憶に新しい彼らによる3rdアルバム『ミニッツ・トゥ・ミッドナイト』が5月16日(水)にリリースされることが決定した。ヴォーカルのマイク・シノダと、超大物プロデューサー=リック・ルービンの共同プロデュースによる本作はリリース前にも関わらず、すでに最高傑作との呼び声が上がっている。まさに“全世界待望”という言葉がふさわしい1枚、期待してリリースを待ちましょう!
オフィシャルサイト

リンキン・パーク


--------------------- Plofile --------------------

 新進気鋭のヘヴィ・ロック・バンド、リンキン・パーク。リンプ・ビズキット、コーン、デフトーンズなど数々のバンドが群雄割拠する、かのシーンに1stアルバム『ハイブリッド・セオリー』(00年)を携え登場。このアルバムの売上げが発売1ヶ月で50万枚に達するという快挙を成し遂げた。チェスター・ベニントン(vo)、マイク・シノダ(vo)、ロブ・ボードン(dr)、ブラッド・デルソン(g)、ジョセフ・ハーン(turntable)の5人で活動を開始。01年には6人目のメンバー、フェニックス(b)を迎えている。重量感あふれるサウンドはもちろんのこと、彼らの最大の武器はやはり2人のヴォーカリストの存在だろう。ベニントンの甘めのヴォーカルとシノダのラップとの対比しかり、はたまた、かけ合いヴォーカルが徐々にその熱量を増幅させる高揚感しかり、とにかく聴き手を煽り上げるのである。飽和状態になりつつある、ヘヴィ・ロック・シーンでこの2ヴォーカルを擁するリンキン・パークの存在は他との差別化が果たされている。その後も彼らの破竹の勢いは留まることを知らず、1stアルバム『ハイブリット・セオリー』の収録曲全編をリミックスして作られたアルバム『リアニメーション』(02年)をリリース。リミキサーに、コーンのジョナサン・デイヴィスやジュラシック5のチャリ・ツナといった、へヴィ・ロック~ヒップホップ・シーンを代表する豪華アーティスト達を迎えたこの作品は、両方のファンから熱い支持を得ることに成功した。2ndアルバム『メテオラ』(03年)では、よりメロディアスなサウンドを展開。テクノロジーの限りを尽くしたサンプリングを施し、前作より格段にクオリティーを上げ全世界で1,000万枚のアルバム・セールスを叩き出している。最早、へヴィ・ロック・シーンの覇者として頂点に君臨したと言ってよいだろう。また、リンキン・パークでは表現しきれなかったオーガニックなヒップホップ・サウンドをアルバム『ザ・ライジング・タイド』(05年)で見事実現させた、マイク・シノダによる別プロジェクト=フォート・マイナーの活動も見逃せない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。