アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ランシド」三年ぶりのジャパンツアー

rancid

04年来日公演から約3年ぶりとなるランシドのジャパンツアーが決定
  

           :日程とLIVE会場:

2007/1/5(金)
 東京 新木場スタジオコースト
 OPEN 16:00 / START 17:00
 TICKET ¥6,500-(税込/All Standing/1DRINK別)
 INFO:Creativeman 03-5466-0777
 チケット発売:10/22(日)

2007/1/6(土)
 東京 新木場スタジオコースト
 OPEN 16:00 / START 17:00
 TICKET ¥6,500-(税込/All Standing/1DRINK別)
 INFO:Creativeman 03-5466-0777
 チケット発売:10/22(日)

2007/1/7(日)
 名古屋 ZEPP NAGOYA
 OPEN 17:00 / START 18:00
 TICKET ¥6,500-(税込/1F:Standing 2F:指定/1DRINK別)
 INFO:サンデーフォーク 052-320-9100
 チケット発売:10/22(日)

2007/1/9(火)
 大阪 ZEPP OSAKA
 OPEN / START / TICKET 調整中
 INFO:キョードー大阪 06-6233-8888 

2007/1/11(木)
 広島 広島クラブクアトロ
 OPEN 18:00 / START 19:00
 TICKET ¥6,500-(税込/All stanging/1DRINK付)
 INFO:広島クラブクアトロ 082-542-2280
 チケット発売:10/22(日)

2007/1/12(金)
 福岡 ZEPP FUKUOKA
 OPEN / START / TICKET / INFO 調整中
 総合INFO:Creativeman 03-5466-0777

2007/1/14(日)
 神奈川 横浜BLITZ
 OPEN 17:00 / START 18:00
 TICKET ¥6,500-(税込/All Standing/1DRINK別)
 INFO:Creativeman 03-5466-0777
 チケット発売:10/22(日)

2007/1/15(月)
 仙台 ZEPP SENDAI
 OPEN 18:00 / START 19:00
 TICKET ¥6,500-(税込/All Standing/1DRINK別)
 INFO:キョードー東北 022-296-8888 
 チケット発売:10/21(土)



rancid

90年代を代表するポップ・パンク・バンドのランシド。メロコア、ハードコア、スカ、パンク好きな人は彼らの名前を知らない人はいないと思いますが、ちょっとだけ彼らの紹介をします。
カリフォルニア州アルバニーの労働者階級集落で少年時代を共に過ごしたティムとマットは、‘87年、“OPERATION IVY”を結成し、サンフランシスコにあるパンク・シーンの聖地とも言われるギルマン・ストリートで活動していたが、わずか3年でバンドを解散。その後、目標を失ったティムはしばらくの間アルコールとドラッグに溺れる日々が続いたが、マットの助けで何とか立ち直る。‘91年、当時ルーム・メイトであったブレット(当時のドラム歴はわずか半年!)を含め、ランシドを結成。’92年、LOOKOUT!レーベルからシングルEPをリリース。 翌年にはEPITAPHレーベルと契約し、ファースト・アルバム「RANCID」をリリース。‘94年にはセカンド・アルバム「LET‘S GO」をリリース。 このアルバムを引っさげてのワールド・ツアー後は多くのメジャー・レーベルからオファーが殺到するが、バンドはインディ・レーベルにとどまることを選択。プロデューサーにJerry Finn(グリーン・デイ他)を、ミキサーにAndy Wallace(ニルヴァーナ、ソニック・ユース他)らを迎え、1ヶ月以上をかけて制作した最もメジャー感のある、3rdアルバム「...AND OUT COME THE WOLVES」を‘95年にリリース。ワールド・ツアーの大成功も手伝って、このアルバムはアメリカや日本など、各国でゴールド・ディスクを獲得した。’98年にリリースされた4thアルバム「LIFE WON’T WAIT」ではさらに多彩なゲストを迎え、1年以上かけて、ニューオリンズやニューヨーク、ロス・アンジェルス、ジャマイカなどの各地をまわりレコーディングされた。 ‘00年に入ってリリースされた5thアルバム『RANCID V』は、原点回帰とも呼べるストロング・スタイルなパンク・アルバムとなり、賛否両論を呼んでいる。

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://mongolianchopsquad.blog56.fc2.com/tb.php/25-7c4e75ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。