アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米3大ディーバ参加の日本ツアー決定!”キャロル・キング&メアリー・J・ブライジ&ファーギー”

キャロル・キングメアリー・J・ブライジファーギー

キャロル・キング   メアリー・J・ブライジ  ファーギー

音楽ランキング 音楽好きはここへ!!PV・試聴無料あります。

 食品会社のキッコーマンが“米国進出50周年”を記念し、今年11月に米3大ディーバ(歌姫)を集め、日本ツアーを行うことが13日、分かった。参加アーティストはキャロル・キング(65)、メアリー・J・ブライジ(36)、ファーギー(32)と、1970年代から21世紀までの米音楽界を代表する3人。米国文化へ「ソイソース」が多様に浸透したのを象徴する豪華競演で、日米文化交流の歴史的イベントになりそうだ。

 まず、キャロル・キングは“元祖女性シンガー・ソングライター”として60年代から活躍。永遠の名作「つづれおり」をはじめ、「ロコモーション」「イッツ・トゥー・レイト」など今も歌い継がれる数々の名曲を残している。

 海外公演を行わないことでも有名で、50年近くに及ぶキャリアで来日は平成2年の1度だけ。今回は17年ぶり2度目、おそらく日本で見られる最後のステージとなりそうだ。

 一方、メアリー・J・ブライジは3年ぶり6度目の来日。“ヒップホップ・ソウルの女王”として、今年のグラミー賞でも最多の8部門でノミネート、うち3部門で受賞するなど、女王の座に君臨し続けている。

 そして、ファーギーはヒップホップグループ「ブラック・アイド・ピーズ」から昨年、初のソロアルバムを発表、日本だけで40万枚を突破する大ヒットを記録したばかりだ。まさに今が旬のディーバで、しかもソロライブは今回が初挑戦。その内容に世界的な注目が集まっている。

 今公演は3人に序列をつけず、出演順を公演ごとに入れ替え、エンディングでは3人のそろい踏みも実現する。メアリーの世界的ヒット曲の中には、キャロルが68年に書いた「ナチュラル・ウーマン」のカバーもあり、奇跡のデュエットに期待が高まる。もちろん、他にも見どころやハイライトは盛りだくさん。歴史の流れと重みを実感しながら、そこに新たな1ページが加わる瞬間を体感できるステージとなるはずだ。

三人のオフィシャルサイトはTOPの写真下の名前をクリックしてください。

Mary J Blige - Be Without You


Fergie - London Bridge



スポンサーサイト

コメント


猫用品・猫

猫用品・猫を探すなら http://www.takeonemusik.com/101213/507524/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://mongolianchopsquad.blog56.fc2.com/tb.php/75-9e18f704
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。